10月はかつてない規模の台風が関東を直撃したこともあって、みなさま多摩川やハイムは大丈夫かとご心配になったようです。連日のようにUPされる記事も、熱心にご覧いただき、ありがとうございました。

いつものように、いただいたコメントをまとめてご紹介します。力の入った長文ぞろいでしたので、かなりの要約・編集を加えさせていただいております。題名をクリックして、ぜひ原文をお読みいただきますよう。

なお、コメントを書くのは気後れがするという方のために、8月末から『井戸端トーク』コーナーを設けております。メールアドレスなし、仮名で結構です。どうぞお気軽にお書きください。

===================================
【新企画です】10月1日の新着記事
plazaさんから とてもよい企画ですね。あちこちの姉妹サイトを探して回る手間が省けて大助かり。時間がない時でも、新着記事だけをさっと見ることができます。
STREAMさんから 「新着記事紹介」の企画に大賛成です。『ハイムのひろば』のリニューアル1年半はあっという間でした。直後と比較すると、サイトの充実ぶりに目を見張るものがあります。ボリュームアップに伴い、新しい記事や情報を探そうとしても、見つからなかったり、見落としがちでした。そういった悩みが、一気に解決すると思います。とても助かります。

む・む・む に
古稀子さんから 席を譲ってもらうとショックですが、譲ってくれた人の今後を考えると、たとえ一駅でも座ってあげたほうが、また席を譲ろうという気持ちになると思います。いかがでしょう。
asahakaさんの返信 あの方もご自分は元気だと思っておられたのですし、実は見かけよりずっとお若かったのかもしれません。反省多々です。
Henkさんから 「席を譲る」という話題から、ふと、4~50年近く前、高田渡というフォーク歌手が歌っていた「夕焼け」という歌を思い出しました。元の詩は吉野弘という詩人のものですが、作曲の際、渡流に一部変えられています。独特のギター弾き語りで飄々・訥々と歌われると、日常よくある情景がありありと浮かんできます。(編集者注:恐縮ですが、歌詞は原文の方でご覧ください)YOUTUBEで、「高田渡 夕焼け」で検索されると歌が聞けます。

愛犬が殺され、不登校になった少年(小5)の記事を読んで・・・X氏のつぶやき㉞ に
Bellkさんから こんなにも優しい方がハイムの隣人かと思うと、とても嬉しく心があたたかくなります。

台風19号 一夜明けた多摩川 に
かわせみさんから 今回の台風、多摩川が氾濫スレスレだったことに驚き、災害への危機管理をしっかりしなければと認識させられました。ハザードマップを見ると、中野島は最悪地上5メートルまで浸水することが予想されています。この機会に、ハイムの住戸が床上浸水した場合、どういうことが起きるのか、まとめてみてはどうでしょうか。
管理棟は地下にあるのでまっさきに水没。電気ガス系統、下水処理、どういうことになるのか。事前にしておくべきことは何なのか。ゴミ置き場や、駐車場1階の自家用車は?
このようなことを改めて話し合い、次の災害に備えて防災マニュアルを見直し 住民周知の機会にしていただきたいです。
Staffの返信 投稿ありがとうございます。貴コメントは管理組合理事会にお伝えしました。

ハトとのバトル①始まり に
Jewelryさんから 始まった連載の貴重な情報を参考にさせていただきます。わが家は比較的に低層階なので、鳩の被害とは無縁と思っていたのですが、すぐ上のお宅(北側ベランダ)が、鳩のねぐらになっていることがわかりました。ベランダにはフンや羽根が盛大に散乱、毎晩数羽が帰ってきています。低層階でも、長期不在や空き家で人がいないとわかると、図々しく乗り込んでくるんですね。とても怖いです。

ハトとのバトル②フンと奮闘 に
ブランガスさんから 乾燥しているフンは菌だらけで危険、しかも(ドバトは)鳥獣保護法で守られていて、追い払うことしかできないということは、困ったものです。直接の被害を受けていないので、あまり関心はなかったのですが、注意を払うようになりました。
最近になって、ハイム周辺を飛び回る鳩の数がじわじわと増えているような気がします。今は被害を受けているお宅が自費で対策をしていますが、それにも限界があるかもしれません。今後の拡がりによっては、ハイム全体の問題として抜本的な対策を講じる必要があると思います。
youさんの返信 ベランダは共有部分のうちの『専有使用部分』にあたり、自分で何とかしなければならないそうです。いつ果てるともしれないフンとの格闘はほんとうに情けなく、くたびれます。鳥獣保護法で、ハトは増えるばかりではないかと思ったりします。
ハイムの場合、外に突き出ている食堂やリビングの庇、外階段の上などの共有部分の問題がもっと難しいです。掃除の手は届かず、どうやってフンから守るのか。建物を網で覆うわけにもいかかず、頭が痛いです。

宮川さんの作品が出展されています! に
plazaさんから 展示会へ行かれた方から以下の通り報告をいただきました。

「宮川さんの作品展に早速行ってきました。東京神田駅前という場所柄、作品の数に対して手狭な会場に大勢の来客で一杯でした。東京芸大の先生3人、生徒さん35名、色とりどりの作品は見ごたえのあるものばかり。宮川さんの作品はすぐにそれとわかりました。写真を頂いてきました。」

 

2+