Z氏のなんちゃって料理~困った時のナポリタン

「そろそろあれを食べたいな」と思うときは、前日からメニューを決めて準備をすることもあるが、だいたいはその日の朝になってランチのメニューを決める。よく似たメニューを続かないようにはしているつもりだが、どうしても思いつかないときがある。そんな時は、ナポリタンにすることが多い。そう、困った時のナポリタンなのだ。

それにしてもナポリタンは日本人が考案したメニューですよね。海外の文化を取り入れて日本流に改良するのが得意な日本人が作ったものの中で最高のものだと思います。

材料(2人前)  
スパゲティ  200g コンソメ 顆粒 小さじ1
ソーセージ  120g 砂糖   小さじ 1/2
玉ねぎ 1/2個(120g) サラダ油 大さじ1-2
ピーマン 2個 塩・こしょう 少々
トマトケチャップ 大さじ6 粉チーズ 適量
作り方

1. スパゲッティは塩を入れた熱湯で表示時間通りにゆで、ザルに上げて水気をきる。

2. 玉ねぎはスライス、ピーマンはヘタと種を取り5㎜幅の細切りにする。

3.. ソーセージは5㎜幅の斜め薄切りにする。

4. フライパンに油を熱し、玉ねぎ・ピーマンを弱火で炒める。
しんなりしてきたらウインナーを加え弱火で焼く。

5。 ウインナーに焼き色がついたらコンソメとトマトケチャップを加えてひと炒めする。この時、ケチャップをフライパンに直接落とし、水分を飛ばしてから具材と絡める。

6. 茹であがったスパゲティを加えて炒め、塩・こしょうで味を調える。

7. 好みで粉チーズを振りかけて完成。

※食べてみた感想。少し味が濃過ぎた。このメニューの売りが「喫茶店の味」ということだったことからすると元々濃い目の味になっていると思う。私の持論だが、お店の味は塩を始め調味料は濃い目にしてある。少し調整をお勧めします。

ヤタガラス

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)