はるか遠くに富士、ふり向けば多摩川、新多摩川ハイムに集うコミュニティサイト

マスクによる肌トラブル

  • HOME »
  • マスクによる肌トラブル

コロナウィルス防御のため手放せなくなったマスクですが、「マスク頭痛」とともに増えているのが「マスクによる肌トラブル」です。

注意すべき肌トラブルとは?
1.マスクの摩擦による“ニキビ”に注意!
マスクの長時間着用で、口からあごにかけてニキビができた・悪化したという方を多く見受けます。大人ニキビは摩擦によって生じやすいという特徴があります。

2.マスクの中は“乾燥”している?
マスクをしていると、呼気中の水蒸気がマスク内に広がって保湿されたように感じている人が多いですがそれは錯覚です!マスクを外すと水分は一気に蒸発して肌の水分を奪うため肌が乾燥に傾きます。

マスクをつけている間は肌が潤っているように感じても、外した時につっぱり感やヒリヒリ感を感じることが多いのはそのためです。肌の乾燥により表面のバリア機能が低下し細菌やウイルスの侵入が容易になります。

結果、口唇ヘルペスができやすくなったり湿疹が起こりやすくなります。同時に化粧のノリが悪くなり、肌のザラつきの原因にもなります。

3.素材や付着した花粉やホコリも原因に!
マスクのかぶれ(接触皮膚炎)で口周りが赤くただれることがあります。軽度のかゆみがあり、熱めのお湯で洗顔するとヒリヒリと刺激が現れます。またマスクに付着した花粉やホコリ、汚れによる肌への刺激も肌荒れの原因となる場合があるので注意が必要です。

【対処法】
1.マスクにコットンを挟むと、摩擦ニキビが軽減!
 摩擦をおこさないよう、刺激の少ない肌あたりの柔らかいマスクを選ぶことがお勧めです。コットンを肌に乗せてからマスクを着用するのがいいでしょう。メイク下地として保湿効果に優れたクリームを使用するのも有効です。皮膚を保護してくれるので摩擦が軽減されます。

マスクの中が蒸れた状態は雑菌が繁殖しやすくニキビを悪化させる原因のひとつです。通気性の良いマスク生地を選ぶことがベストですが、口周りに汗をかいたらこまめにティッシュなどでふき取るとよいでしょう。

2.乾燥対策には、しっかり洗い&たっぷり保湿が重要
 肌の乾燥を防ぐためには、何より保湿のケアが大切です。化粧水でたっぷりの水分を補ったあと、乳液やクリーム等で大事な水分が逃げないようにケアしてください 。毎日のスキンケアには紫外線による乾燥ダメージも加わります。UVクリームを使用した場合は、クレンジングや洗顔などの落とすケアにも注力を! 毛穴に詰まった汚れが落とし切れていないと、そこからさらなる肌荒れを引き起こしてしまいます。帰宅してマスクをはずしたら、まず丁寧に落とすケアを行いましょう。その際に、ごしごしと肌を擦るのはNG。肌への負担が少ないクレンジング剤や洗顔料を選び、たっぷりと保湿を心掛ければよいでしょう。

3.かぶれによる肌荒れ対策。まずは肌を清潔に保つことから
 炎症をともなっている場合には、保冷剤などで冷やし、その後たっぷりの保湿剤を使用することがおすすめです。花粉やホコリ、汚れの付着による肌荒れの対策としても、まずは洗顔をしっかり行い、肌を清潔に保つことを心掛けることを心掛けてください。

(出典:https://ellegirl.jp/article/b_feat_mask_trouble_20_0427/)

0
_ 累計カウント  
 本日カウント  
 昨日カウント  

カテゴリー

アーカイブ

著作権表示

スマホでどうぞ!
PAGETOP
Copyright © ハイムのひろば All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.