プロカメラマン野村成次さんが講演会の冒頭の挨拶でこう仰った。「歳をとると朝早く目が覚めるというのは残念ながら本当の話で、私は、夜一杯飲んで寝ると朝3時頃には目が覚めてしまいます。仕方がないのでカメラを持って出かけることになりますが、徒歩か自転車なのでせいぜい家から2キロほどの距離の範囲です。」
夜が明ける前から出かけるのは、はたして目が覚めてしまって仕方がないからだろうか?私は、半分は、若さを失ったことを嘆きつつも、半分は、誰にも邪魔されることなく好きな時間に出かけられることに喜びを感じているのではないかと思っている。「仕方ないから」という言葉の裏に、むしろそのことを楽しんでいるように思えてならない。何故なら、「マジックアワー」に出会えるからである。
カメラの世界では、「マジックアワー」という言葉が使われることがある。あたり一面真っ暗な闇の世界から一条の光と共に夜が明け、多くの生き物が活発に活動した後、再び闇の世界に戻っていく。この一日24時間の自然界の変化の中で、ある一つの情景がほんの短時間ではあるが普通では見ることのできない特別な姿を見せることがある。その時間は夜明け時であっても夕暮れ時であっても、せいぜい15分か20分くらいのものでそれほど長い時間ではない.
この一枚の写真は、年末近くに撮った調布の上河原堤である。堰き止められた多摩川の水が下流に向かって流れ落ちるしぶきに朝焼けが映ってピンク色に染まっている。朝焼けの写真はどこにでもたくさんあるが、この堰に反射することでこのように見える瞬間を多くの人は知らない。ある瞬間にある角度からのみ見える情景であり、これもマジックアワーのひとつである。
野村さんがこの場所のこのマジックアワーを知っていて撮影したのか、偶然このマジックアワーに遭遇したのかは詳しくお聞きしていない。しかし、一日にたった15分か20分程しかない瞬間を捉えていることを考えると知らなかったとはとても思えない。きっと、何度も通っている間に発見してよく知っている場所なのだと思う。
それにしても、こんな写真を撮るのはやはり素人には難しい。野村成次というカメラマンの魅力にますます魅かれていく。
(八咫烏)

1+