関西在住のSさんからメッセージがまた届きました。熱心に記事を読んで頂いていることがよく伝わってくるとともに、心にじんとくるような温かいお言葉に感激いたします。

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:* 

1.8月22日のお便りから

ハイムのひろばでは「緑の環境委員会」のサイトばかり見ています。「シンゴの気になる話」は特にお気に入りです。樹木や花々は、写真もきれいですし、本文も好奇心を満たしてくださるものばかりなのでもっともっと、とご投稿を待ちかねています。
 
おかげで、夜の散歩が行けなくなり夕方の散歩に変更しよう・・・と、したら、また暑さがぶり返し不可能に・・・当分、トホホが続きそうです。
 
2.8月24日のお便りから
 
野村成次写真展を拝見しました。きれいなお写真の数々に感動、というよりその写真の世界に入り込んでしまっている自分を発見しました。
 
そしてその世界の中で、撮影時の空気を感じ音までもはっきりと聞こえてくることに驚いてしまいました。私の家の近くに流れる淀川の土手の上からも壮大な大空が見え、刻々と変る太陽と雲の宇宙を独り占めできます、しかし、写真家の目を通して見た世界はそんなものではない、ということがよくわかりました。
 
写真一覧で見る写真とパソコンの画面いっぱいに広がる写真では、同じ写真でも全く別物であるということもよくわかりました。
 
パソコンいっぱいの大きな写真で、その時の感動をそのまま時間を止めて鑑賞させて頂けることは、この歳になって初めて知った喜びです。
 
野村成次写真展の案内をしてくださり感謝します。どうも有難うございました。
*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:* 
 
緑の環境委員会にあるコーナー「シンゴのきになる話」では、インドネシアに住む作者が樹木や花などを題材に、連日あたらしい投稿を寄せてくださっています。
 
また野村成次写真展は身近な場所の風景の一瞬をプロ写真家ならではの技と感性で切り取って映像として見せてくださいます。
 
これら企画、特集を楽しみにしてくださる熱心な読者がいらっしゃることに改めて気づかされました。このように生の声をいただけることはほんとうにありがたいことです。心より感謝致します。
8+