昨日晴天に恵まれて「調布四福神と深大寺めぐり」に参加してきました。(25605歩)

恵比寿神→布袋神→福禄寿→毘沙門天


その後深大寺付近で各自昼食の計画でしたが、境内の蕎麦屋さんは大勢並んでいて中々入れそうにありませんでしたが、

担当の方の機転で、お庭の素晴らしい「水神苑」に誘導して頂いて全員素敵なお部屋でお蕎麦を頂きました。(1000円)

ハイキングは続きましたが、今回の大収穫は「植物多様性センター」(無料)での職員さんの丁寧で面白おかしい解説を聞く事ができた事です。
このセンターは東京都の絶滅危惧種植物の保護に中っているセンターだそうです。
暖かいセンター内でのお話は、まずは角松の発祥のお話、それが意外と徳川家康・武田信玄の???(忘れました)の戦いからだそうで
角松の形の違い等々を俳句をからめての話は、参加者は子供の如く聞き入りました。
最後のお話は「シモバシラ」のお話でした。運が良ければセンターでも今時分早朝見れるとのこと
霜柱??参加者の中にはご存じの方もお出で、他の人たちは幼き頃の冬の朝の長靴でザクザクとやった記憶しか頭に浮かびませんでした。
実は「シモバシラ」と言う植物のお話でした。
早速調べました。

こちらに詳しく載っています。

歩く会ホームページの「みんなの声」でも写真をご覧いただけます。

4+