二ヶ領用水は、現在の川崎市のほぼ全域に流れる神奈川県下で最も古い人口用水です。二ヶ領という名は、この用水が江戸時代、川崎領と稲毛領にまたがっていたことに由来します。
昔の多摩川は、洪水を繰り返しては田畑を流す荒々しい川でした。多摩川の水を利用するには、堤防を築き、必要な量だけ水を引き入れる農業用水の建設が是非とも必要でした。
春には美しい桜を咲かせて私たちの目を楽しませてくれるこの二ヶ領用水。名前は知っていても、その歴史については案外知らないことも多いのではないでしょうか?
新多摩川ハイムホームページのリニューアルを記念してクイズを作ってみました。川崎の歴史と発展を語る上で欠くことのできない二ヶ領用水についての問題です。あなたは何問解けますか?
全問正解を目指してさあ挑戦してください!
クイズ・二ヶ領用水

0