はとは平和の象徴と言われる一方、病原菌をたくさん持っているので危険だということはご存じの方が多いと思います。
最近どうも、はとが増えたようで、エントランスに『はとに餌をあげないで』とか、『帰巣本能が強いので、居場所を作らせないよう、片付けましょう』とかいう注意が2度出されました。
(向かいの棟の方が撮ってくださった北側の屋根の上⇒)

フンがあると縄張りだと思って大きな顔をして居つくので、掃除することは大事ですが、細心の注意が必要です。
『はとのフン』で検索すると、怖い病気の話がたくさん出てきます。業者のは大げさと思われるかもしれません。以前は福生市のホームページが詳しかったのですが、リニューアルされてしまったので、代わりに愛知県岡崎市のをここからご覧ください。

菌は口から入って感染します。だから、乾いたフンをほうきで掃くのは厳禁です。
花粉症用のマスクをかけ、手袋をして、フンに水をかけて十分濡らし、厚紙(牛乳パックを半分に切ったもの)2枚で挟んだりしながらすくい取ります。最後は雑巾で拭きます。
フン・マスク・手袋・厚紙・雑巾、全部まとめて捨てますが、漏れないよう、袋は二重・三重にして厳重にしばってください。

わが家では、庇にいたハトがベランダに居座るようになりました。掃除をしても倍々ゲームみたいに増えていく気がします。
今は目立たないネットがあるので、これを張れたらと思うのですが、南側は構造上無理です。
ゼリー状の忌避剤を塗るのが次善策かと思いますが、ベランダには前回の大規模修繕でシートが張られましたので、管理組合に相談が必要です。

どんな対策を取ることにしたか、またご報告します。
You

10+