検温ロボット

ある病院の入り口の風景です。いつものように玄関を入ると、なんとそこにはロボットが待ち構えていて、検温していました。

7月から、コミュニケーションロボット「EMIEW」を活用し”新型コロナウイルス感染症流行下における来院者安全確保補助・医療従事者負担軽減効果”の評価研究を開始したそうです。

第二段階では,医療従事者の負担のさらなる軽減のため,サーモカメラと「EMIEW」が連動して,発熱が認められる来院者には自動的に「EMIEW」が注意を促すなど,来院者の状況に応じた案内の実証を行っていき、「EMIEW」が担う業務を拡張していく予定とのこと。

AIやロボットなどの最新技術を医療に活用するための研究は急ピッチですすんでいるようです。(八咫烏)

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です