カワセミ博士の撮影散歩(28)パニックとなったカワセミの幼鳥

イソヒヨドリが執拗にカワセミの幼鳥を追っかけています。
今朝、カワセミの幼鳥が狩りをするのに、川に飛び込んだのですが、川から飛び上がってきた瞬間、イソヒヨドリに襲われていました。 カワセミの幼鳥はパニックになって、わたしの近くに飛んできて留まりました。すぐに私に気が付いて逃げましたが。
 
それにしても、今朝も望遠レンズのピント限界近くの距離に飛んできてくれて、びっくりしました。
こうしてみると、まだ、後ろ姿に幼さを感じます。

(2021/08/27)

 

 

カワセミ博士の横顔

京都府舞鶴市在住、男性。
高野川に生息するカワセミに魅せられてその姿を追い求めてはシャッターを切っている。
帆船模型製作、野鳥撮影、書道を趣味とし、お酒をこよなく愛する。
カマボコ博士の異名も持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)