「ハイムのひろば」を熱心にご覧いただいている関西在住のSさんから重ねてお便りをいただきました。供覧させていただきます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先ほど、「ハイムのひろば」を訪問いたしましたら、正面欄にコメントへのお返事が掲載されていて驚きました。長い無駄話にも関りませず、お返事の掲載までして頂き誠にありがとうございました。

蝶図鑑掲載の写真はハイムの近くの蝶のはずですのに、まるで高原や山深いジャングルかのようで、毎日のようにUPされる蝶や蛾などは、本当にハイムの近くにいたのか、と信じがたい写真ばかりです。今では自宅前のジャングル(草茫々ということ)に来る小さな茶色い蝶(蛾?)にも目を留めるようになりましたが、模様などは全く分からず、何となく茶色っぽいというだけしか分かりません。ましてや蝶の種類の識別や写真を撮るなんていうのは、至難の技というより普通では確実に不可能です。ヤタガラスさんが後をつけて行って、探偵された思いもよくわかります。

私の家がある場所は条件的にハイムの立地場所によく似ています。
近くに多摩川・・・近くに淀川:しかも土手はスーパー堤防になっていて堤防沿いは少し大きな公園となっています。また公園と反対側の堤防沿いの川は広く大きく「城北わんど」、と言われ国の天然記念物イタセンパラなどが棲息している中州が沢山ある緑多い場所となっています。
数年前までその公園に散歩に出かけて、毎日スズメにお米をあげていましたが、蝶やとんぼなどほとんど見たことがありません。狭い大阪市内なのですから仕方ないのかもしれません。

でも毛虫の大移動は近所でもよくありましたが、消毒を業者がするようになって今は安全になりました。
ハイムは緑地公園の中にマンション群があるようで、だから珍しい蝶もやって来られるのでしょうね。
きっと業者の殺虫剤散布にも住民の方々の意見が大きく取り入れられているのでしょう。
まさか、「ハイムのひろば」がこんなにも進化してゆくとは思いも寄りませんでした。
蝶に関しましては完全に未知の分野でしたので、珍しい蝶やきれいな蝶は固唾を呑んで拝見、報告記事や害虫等も大いに参考、勉強させて頂いています。

写真でも本当にきれいな蝶を眺めていますと、本物の宝石を眺めているような気分になるから不思議です。

関西在住 Sより

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Sさん、いつもご丁寧に感想をお寄せいただきありがとうございます。

4+