先週金曜発刊のメルマガは、詐欺メール特集でしたが、前後して『Amazon』からの詐欺メールが来ました。

(画面の上をクリックしていただくと大きくなります⇒)

実はAmazonをかたった詐欺メールを受け取るのはこれで3度目くらいなのですが、今までのが一見して変だったのに、今回のはまずまずの出来で、受け取って不安に感じられたり、万一にもだまされる方がおられたら困ると思い、公開します。

怪しいと思った理由
一般的に
①差出人(Amazon) のアドレスがおかしい
②日本語の言葉遣いが全体的に不自然
個別的に
③宛先(私)のアドレスがアマゾンに登録しているものと違う
④アカウント情報は一切変えておらず、プライム料金も引き落とされた直後で心当たりがない

記事を掲載するにあたって、WEBで裏付けを探してみました。
Amazon詐欺メールで検索すると、当のAmazonがフィッシングメールの警告を出していました。詳しくはここからお読みください。

詐欺メール自体がウイルスではないので、セキュリティーソフトで止められることなく入り込んできたのですが、リンク(このメールの場合は  Amazonログイン というところ)をクリックすると何が起きるかわかりません。

こういう偽メールを受け取ったときは、メールに返信しないこと、パスワードなどを教えた場合は変えること、金融機関に連絡することといった注意のほかに、悪質なウイルスが仕込んであることもありますので、日ごろからプログラムのアップデートをしておくこと、ウイルスソフトでフルスキャンすることなどの対策も出ていました。
大事なことだと思いますので、ここからぜひお読みになってくださいますよう。

yuwata

0