いろいろありまして、その②を投稿してからずいぶん時間が経ってしまいました。すみません。

今回の話題はサーモンです。この情報を知ることは体にはよくても、精神衛生上はよくないという気がします。そのつもりでお読みください。

チリの養殖サーモン、JICA(日本の国際協力機構)が後押しをしてようやく一大産業にしたのに、大量の抗生物質が投与されていると問題になったのは覚えておいでかと思います。
では、本家のノルウェー産養殖サーモンはどうなのでしょう。

ノルウェーの産業資源は10%が石油、残りはサーモン養殖に頼っています。社会保障が充実した政治的にもクリーンなイメージの国ですが、養殖業に関しては、どうもそうではないらしいのです。

日本で消費される鮭は、北海道沖で獲れる天然物が10%、残りのほとんどがチリやノルウェー産の養殖魚です。
天然鮭はマグロに似た赤い色。それに対し、ピンクでトロのような養殖サーモンは、刺身にしろ、寿司ネタにしろ、何とも言えずおいしいのですが、実はこの脂身を出すために餌の中に混入されるダイオキシンとPCB(ポリ塩化ビフェニル)の量が半端ではないのです。

(←ダイオキシンとPCBの残量比較。養殖サーモンが突出しています。図の上をクリックしていただくと大きくなります。)

焼くと大量の油が出てきますが、生を好んで食べる私たちは、この有毒油を思い切りたくさん摂取していることになります。

 

モンサント(枯葉剤を開発したアメリカの企業。昨年、ドイツの製薬会社バイエルの傘下に入りました)製の殺虫剤・エトクシキンは、ヨーロッパでは野菜や果物には使用禁止ながら、魚には規制がなく、堂々と使われています。
餌の原料には遺伝子組換え食品のほか、バルト海産の魚。バルト海といえば工場からの汚染水が流れ込んだまま循環されず、有害物質が溜まっていることで有名です。
さらに、2013年からは猛毒性のエンドスルファンという薬品の入ったエサを与えることが認可されました。

ノルウェー国内ではこの問題を取り上げることはタブーになっています。問題にした研究者が追放されたり、論文の発表が禁止されたり、養殖業にまつわる汚職もささやかれています。さすがに、妊婦や小さな子どもは食べるべきでないということは公然と言われているようです。

この内幕を扱ったものを探してもなかなか見つからないのですが、フランスの放送局制作のドキュメンタリーがありました。日本語字幕はなく、英語で語られるだけですが、防護マスクをした管理者が大量に殺虫剤や抗生物質を撒いている光景は、なんとも薄気味悪いものです。

養殖魚が天然ものに比べて抗生物質の投与を受けたりしてよくないというのは日本でも同じことで、例えば養殖ブリのダイオキシン量は天然物の32倍だそうです。
周囲を海に囲まれた日本では、できるだけ天然の魚を食べたい~最近は放射能汚染問題があるにしても~と思います。

(本稿を書くにあたって一番参考にしたのは、南ノルウェー田舎通信 という、ノルウェーで暮らす日本人女性のブログです。)

7+