企業や公共団体のサイトは大体カタいものが多く個人的な内容の記事は極力控えるのが通常ですが、レストランやヘアサロンなどサービス業などのサイトでは、時々「スタッフブログ」なるものを見かけます。
中身はメインの内容とは異なり、そのサイトを管理・運営する担当者のつぶやきをちょこっと載せてあります。日常生活での出来事を衒いなく載せてあることが多く、その人のお人柄がにじみ出ていてほほえましくなることもあります。
ただ「スタッフブログ」と聞くと、そんなプライベートなものは不要で組織のサイトには相応しくないと思われるかもしれませんが、実は重要な意味が隠されています。それは閲覧数の確保に繋がるということです。
ウェブサイトを立ち上げるということは、できるだけ多くの人に見てもらいたいという考えが根本にあります。そして、多くの人に見てもらうためにはそのサイトをまず認識してもらう必要があります。つまり、Googleをはじめとした検索エンジンに引っかかるようにしなければなりません。
そして、検索エンジンの認識を高めるための手段として有効なのが更新頻度を上げることです。世の中にブログが出始めたころ、爆発的に閲覧が増えてその世界で有名になったのが当時は一般人であった中川翔子(しょこたん)のブログでした。彼女は、おタク的要素の強い人で、自分のブログに毎日何記事もアップしたのです。
前置きが長くなりましたが、そこで、「ハイムのひろば」の関係者のみなさんにも活用して頂きたいと思います。あまり、カタく考えず、日常のふとしたことを、2、3行でもいいですから記事としてアップしていただければ結構です。記名はハンドルネームで十分です。
本件は、今日の勉強会で話し合いしましたが、出ておられない方もいらっしゃるので、情報共有のために連絡しました。ご検討下されば幸甚です。
(仮に、右サイドバー最下部にリンクを貼っておきました。もし採用されるなら、バナーを作ってどこか適当なところに置くか、最上部メニューのどこかに入れてもよいでしょう。)

0