3歳の息子がハイムの森の小路で昆虫博士のおじさまに出会ったのをきっかけに昆虫に興味を持ち始めた。蝶々や蟻、ダンゴムシに始まり、今はカマキリやカブトムシと興味の幅が広がっている。
しかし不思議なことにダンゴムシには触るのに、カマキリは眺めるだけにとどまっている。彼なりに「こわい」、「こわくない」の区別がついているのだろうか。
確かにダンゴムシを見ていると、指で攻撃すると威嚇するのはおろか丸まって、息子曰くまるで「ねんね」しているかのようだ。

そのダンゴムシの姿が何とも可愛らしく思えてきた。

息子のダンゴムシ日記は続く。
 
赤ちゃんクラブ代表

6+