朝の水やり、
花木や草花は、ぼくが来るのを待っている。
わが子に食事を与えるように、
根元にそっと水をやると、
ちいさな葉っぱをヒラヒラと輝かせて応えてくれる。 
暑い夜を待っててくれたんだね。
さ、たっぷりごちそうをお食べ。
明日の朝も来るからね。 
朝の水やりを私が終えると
スズメたちが、水たまりに飲みに来る。 
いのちをつなぐ朝ですね。
<編集者から>
ハイムにお住いのx氏が、その優しい目線でとらえたハイムライフのスケッチ。
連載で掲載していく予定です。お楽しみに。コメントで感想などもお寄せください。

5+