多摩川音頭の歌詞(No. 18/31)二子に丸子

多摩川音頭の十八節です。

ここに出てくる六社とは、府中の大國魂神社のことです。昔は大國魂神社というよりは、六社宮と呼ぶことが常例でした。

なぜ六社宮と呼ぶかというと、武蔵国にある六つの大神(おおかみ)を祀っているところから付けられています。つまり、大國魂大神、御霊大神、小野大神、小河大神、氷川大神、秩父大神、金佐奈大神、杉山大神のことです。

また暗闇祭(くらやみ祭)とは、大國魂神社の例大祭のことで、4月30日の品川海上禊祓(みそぎはらい)式から5月6日の神輿還御までの7日間に様々な神事がおこなわれます。

冒頭の多摩川を下にくだれば、二子に丸子とありますが、私たちにもなじみのある地名が織り込まれています。

 

 

 

 

 

 

 

なお、多摩川音頭の実際の曲を聴いてみたいという方は、次の音源からお聴きください。  AY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)