多摩川音頭の歌詞(No. 15/31)梨の袋かけ

多摩川音頭の十五節です。

梨の一つ一つに袋をかける作業を唄っています。栽培が盛んだった頃は、夜を徹して袋かけを行うこともあったと聞いた白秋が、作業をする娘を思いやり、このような表現になったことが思いやられます。

 

 

 

 

なお、多摩川音頭の実際の曲を聴いてみたいという方は、次の音源からお聴きください。  AY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)