梅雨は、植物や昆虫たちにとって、これ程の恵みの雨はありませんね。
人間様は、洗濯物が乾かない、部屋の中がジメジメする、通勤に傘!足元が悪い!と文句の一つも言いたくなる季節。だが、雷が鳴ると梅雨明けになる。待っていましたとばかりにセミの幼虫が7年目に地上に上ってきます。

朝4時、ハイムのあちこちでセミの幼虫が木に登ってきて、成虫(脱皮して)セミになる姿が見られます。私の田舎の香川県讃岐では、クマゼミの成虫になる姿は、朝ちょっと早起きしたら見られたものです。セッセッ、セッセッと賑やかに鳴くときは、もう夏休み。そんな体験をこのハイムの子どもたちにもさせてあげたくて、私の早起きは始まります。一番先に鳴き出す木は、どの木だろうか?セミ獲りの網を持って集まれ!ワンパクボーヤたち!

8+