♪春が来た、春が来た、どこに来た~♪。
♪菜の花畑に~♪。
♪メダカの学校は川の中~♪。

小学校の教室から聞こえてくるかわいい声の合唱が流れてきたのを思い出しながら、ハイムの朝の散歩に出ました。樹木の枝から聞こえてくる小鳥たちのさえずりが、「もうそこだよ」と伝えてくれます。
川面に出ると、水はぬるみ、小魚がピョンと跳ねます。待ち構えていたカワセミが、すばやく飛び込み、小魚を口にくわえて得意そうに飛び去りました。
上を見上げると、桜の枝には、桜のつぼみが開花に向けてふくらんでいます。

ハイムの周りは春の陽気を待ち構えています。

今年、小学校に上がる子どもたちも、胸をふくらませ、お母さんに連れられて学校に行く日を待ち望んでいます。
さあ、学校で初めて歌う唄は何でしょうか?
大きな声が聞こえてくるのを待ちながら、散歩の楽しみはこれからです。

やがて、富士山も衣替えを始める頃には、ハイムは新緑の樹木に覆われて、ダンゴムシが「ボーヤ!おいでおいで」と誘ってくれます。

5+