自粛してくれ! コロナ感染を防ぐため!・・・X氏のつぶやき90

不要不急!不要不急!

自分に何度も問いかけた。不要不急とはどんなときをいうのか?考えるほど答えは見つからず迷ってしまう。

コロナ禍を避けるために市民国民はこぞって外出をひかえるべし!という事なのだろう.普段の生活でも用事もないのに外出はしない。

あの人に会いたい、あの人と食事をしたい.相談をしたい、という要求は不要ではない。精神的にはかなり極まった要求であると思う。そもそも、友達に会いたい、家族と食事をしたいという要求は生活が制約されるほど強くなるのが自然だろう。抑圧されればされるほど要求は強くなる。

大学にやっと合格できた生徒が、入学式にも行けない,校舎に入った事も無い、入学金、授業料も払ったのに学校にも行かず大学生!こんなことがあってはならないのだが、コロナ感染を防ぐためだ!と政府の宣言。

 

感染症、感染禍はいつおきるか分からないということは、世界の公衆衛生は常に考えているはずだ。日本は手を抜いていたのか!大きく手だてが遅れた!日本には立派な学者がおられるのに、研究開発に国の予算を投入せずに軍事費に回していたつけが、コロナ禍にでてきた。

世界からワクチンが買えないのだ。売ってくれないのだ。

平和外交に力をいれておればどうだったろうか?国民の生命を守るというのならなぜ平和外交を全面にださないのか、と思うのですが。

 

人は街にでるな!会社にいくな!リモートでやりなさい!外食するな!会合するな!映画もみるな!コンサートにいくのはとんでもない!だめ!だめ!

 

だが、私は社会を裏切って友人にお願いして自然の中につれていってもらった。朝早く人出が少ないと思われる火曜日の朝山梨の桃の里にでかけた。花は終わりかけているだろうと思いながら。

だが桃の花は満開!その向こうで菜の花が黄色く咲いていた!その光景は甲府盆地に広がってまさに桃源郷!訪ねる人も私たちだけ。

畑では桃の花の摘花作業が行われていた。

どこからこられたの?

東京です。

きれいだろう?

夢のようです!

ゆっくりしていきなさい。

 

白銀をいただいたアルプスの峰々.富士山の雄姿がとびこんでくる。ああ!なんという出会いなのか!これが山梨の甲府なのだ.この時にここへ来なければ見られない光景なのだ。

ありがとう!桃の花畑!!

この桃畑に果実が実ったらどんな光景になるのだろうと想像しながら桃源郷をあとにした。

その呼び名がユニークなほったらかし温泉に行くことにした。

早い時間帯で行動していたので何処へ行っても人影は少なく、板囲いのほったらかし温泉は貸し切りのようだった。

緑の香りが漂うそよ風が肌をなでていく飾り気のない露天風呂!

甲府の盆地の街が眼下に広がる。向こうを見ればアルプスの峰々がそびえている!

おお!こんな光景が見られたのか?高いビルはなく落ち着いた街の眺めは心を穏やかにさせてくれる。これは甲府まで来なければ味わえないものだ。日本が誇る田舎の風景!日本人の心がそこにありました.満足!ありがとう!

外出禁止、控えなくてはならないのに身勝手な行動でしたが、萎縮していた精神、心は解放されました。

 

大自然を満喫して早めに甲府の里をあとにした。不要不急を守っておられる方達への申し訳ない気持ちをたずさえて高速道路を東京に向かった。

 

このようなことをつぶやいたらハイムの皆さんにお叱りを受けるのを覚悟でつぶやきました.それほどまでに心の解放がどんなに大事かをお伝えしたくて、身勝手な行動でしたが、つぶやきました。

コロナには充分気をつけて自然のなかに体をおいてください。心身ともに元気になります。

ハイムの近くには生田緑地、生田山系を散策すると、森林の奥深い樹木のかおりに包まれることが出来ます。ハイムから歩いていけるところに大自然があります。ご存知とは思いますが、富士山が見える目の前が自然の宝庫であります。思うにハイムの回りは素敵な自然が待っててくれます。できれば朝早く出かけると、澄んだ空気を一杯吸えます.小鳥も元気でさえずってくれます.さ!コロナに負けずに早朝の散策をお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)